親切、丁寧、確実をモットーに、お客様に満足頂けるようこころがけております。

廃棄物処理法施行令第4条(一般廃棄物の収集、運搬、処分等の委託の基準)

廃棄物処理法施行令
(一般廃棄物の収集、運搬、処分等の委託の基準)
第4条
[法第六条の二第二項]の規定による市町村が一般廃棄物の収集、運搬又は処分(再生を含む。)を市町村以外の者に委託する場合の基準は、次のとおりとする。

1.受託者が受託業務(非常災害時において当該受託者が他人に委託しようとする業務を除く。)を遂行するに足りる施設、人員及び財政的基礎を有し、かつ、受託しようとする業務の実施に関し相当の経験を有する者であること。

2.受託者が[法第七条第五項第四号]イからヌまでのいずれにも該当しない者であること。

3.受託者が自ら又は非常災害時において環境省令で定める基準に従つて他人に委託して受託業務を実施する者であること。

4.一般廃棄物の収集、運搬、処分又は再生に関する基本的な計画の作成を委託しないこと。

5.委託料が受託業務を遂行するに足りる額であること。

6.一般廃棄物の収集とこれに係る手数料の徴収を併せて委託するときは、一般廃棄物の収集業務に直接従事する者がその収集に係る手数料を徴収しないようにすること。

7.一般廃棄物の処分又は再生を委託するときは、市町村において処分又は再生の場所及び方法を指定すること。

8.委託契約には、受託者が第一号から第三号までに定める基準に適合しなくなつたときは、市町村において当該委託契約を解除することができる旨の条項が含まれていること。

9.第七号の規定に基づき指定された一般廃棄物の処分又は再生の場所広域臨海環境整備センター法第二条第一項に規定する広域処理場を除く。)が当該処分又は再生を委託した市町村以外の市町村の区域内にあるときは、次によること。

イ.当該処分又は再生の場所がその区域内に含まれる市町村に対し、あらかじめ、次の事項を通知すること。

(1)処分又は再生の場所の所在地(埋立処分を委託する場合にあつては、埋立地の所在地、面積及び残余の埋立容量)

(2)受託者(非常災害時において当該受託者が受託した一般廃棄物の処分又は再生を他人に委託して実施する場合にあつては、当該受託者及び当該処分又は再生を委託しようとする者)の氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては代表者の氏名

(3)処分又は再生に係る一般廃棄物の種類及び数量並びにその処分又は再生の方法

(4)処分又は再生を開始する年月日

ロ.一般廃棄物の処分又は再生を一年以上にわたり継続して委託するときは、当該委託に係る処分又は再生の実施の状況を環境省令で定めるところにより確認すること。

廃棄物処理法第6条の2へ

廃棄物処理法-目次へ

廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)

運営:行政書士いだ事務所 TEL [直通]070-2672-2023 06-7878-8770
無料相談受付中 受付時間
月~金10:00~21:00・土10:00~17:00
[ 日・祝除く]

廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)

PAGETOP